CON-PRO.NET
広告バナー
| トップへ | 疑問・質問ホットライン | コラム | ユニーク製品 | 業界リンク集 | オールカマー・フォーラム | デイリーインプレッション |
伊藤教授の土質力学講座
[ ↑目次へ戻る ]
第7章 斜面の安定
7.7 地すべりと山崩れ
自然における土の移動は、地盤が風化していく仮定の一つの地学的現象と
いえる。膨大な風化岩石や土砂が動きながら一つの斜面を形成するが、この
移動の主なる力は重力であって、それを促進させるのは水の力(雨水、浸透
力)、土自体の収縮力・引張力および地震の衝撃などである。自然における
土の移動は、次の二つの型に分類できる。(表−7.3参照)

地すべり・・・・・・土が比較的ゆっくり下方へ移動するもの
山 崩 れ・・・・・・土砂・岩石が早く、ときには瞬間的に下方へ移動するもの



7.7.1 地すべり
地すべりは、小さい応力を受けたときの金属のクリ−プ現象や、コンクリ
−トの塑性流動に似た、土のゆっくりとした連続的な移動現象である。丘の
上の垣根、樹木などの本来垂直であるべき物の傾きや、垣根の水平移動など
からそれらを察知できる。また、水が濁ったり、戸障子の建てつけが悪くな
ることで気のつくこともある。地すべりは5゚〜20゚位の比較的ゆるい傾斜で、
土の収縮および膨潤によって引き起こされた運動と考えられる。浸食を受け
始めた幼年期〜壮年期の地形に多く、日本では第三紀の風化した地層に多く
見られる。
地すべりは、一般に素因(素質)があって、それに誘因(引金的な原因)
が加わって発生するという見方が強い。素因は地質的なものと、土壌的なも
のとに分けて考える方が理解しやすい。すなわち、

地質的素因・・・・・・第三紀層、破砕帯などにおいて風化岩石が水を含みやす
く水を吸うともろくなり、地すべり粘土を作りやすい。
土壌的素因・・・・・・地表土が表面活性の強い土(例えばモンモリロナイト)、
練り返しで強度の低下する鋭敏比の高い土などは流動化
しやすい。

また誘因としては、雨・融雪などの気象的なもの、地震・火山爆発などの
振動、および斜面下部の掘削、水田造成などの人為的なものが考えられる。
地すべりは止めることが困難である。しかし、土に加わる応力を低下させる
ための杭を打ったり、ダムを築造したり、または、土の強さを強化するため
の排水工法を施すことで、地すべりの移動速度を遅らせることはできる(図
−7.21参照)。
このような土地は居住をさける方が無難であるが、地すべり地域は、山地
の内でも概して緩傾斜で土が肥えており、地下水も豊富であるため生活しや
すく、したがって定着しがちであるのが実情である。



7.7.2 山崩れ
一般に山地の斜面を構成する地塊の一部が、平衡状態を破って崩落してよ
く現象を山崩れと呼んでいる。自然の山崩れは、その性質が複雑化している
ため解析が難しい。地すべりと異なり、地形的な条件さえ整えば発生する可
能性があると考えられる。自然滞積層の場合、土の強さは変化しやすく、ま
た多くの力が働くため、せいぜい山崩れが起こりやすいかどうかを判定する
に止まる。たいていの山崩れは自発的には起こらない。長い間にわたって不
安定な状態が続き、クラックの形成とか不規則な沈下が起きて、時々刻々そ
の不安定さを予告する。

結局、土の応力が増加したり、土の強さが減少したところで破壊し、全体
的な山崩れとなる。ゆるい土層や岩屑が水で飽和すると、その重さは増加し
強度が低下する。そして、あたかも層の厚い粘性液体であるかのように岩盤
の上をすべり落ち、岩盤が、頁岩・砂岩・凝灰岩であるとき岩屑すべりとな
る。その岩石の中に風化した、蛇紋岩や、滑石を含むものは、とくにこの傾
向が強く、融雪・梅雨・豪雨などがこの引金的現象となることが多い。した
がって、季節的にも4、5、6月や9月に起こりやすい(図−7.22参照)
。概して山崩れは素因よりも誘因となるものの果たす役割が非常に強力であ
る。山間地のゆるい崩落部では、大きな騒音がすべりを誘発することも知ら
れている。
山崩れの主な防御法は、土が飽和するのを予防する排水を行なうことであ
る。ある場合には斜面の中に通水縦孔を作ったり、ある場合には岩盤の穴に
杭を打って土を固定する。また岩盤を掘削して、小型の擁壁や、砂防ダムを
作ることもよく行なわれる。

[ ↑目次へ戻る ]
広告バナー
| トップへ | 疑問・質問ホットライン | コラム | ユニーク製品 | 業界リンク集 | オールカマー・フォーラム | デイリーインプレッション |

コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999 Concrete Products Network All rights reserved. E-Mail:info@con-pro.net