CON-PRO.NET
広告バナー
| トップへ | 疑問・質問ホットライン | コラム | ユニーク製品 | 業界リンク集 | オールカマー・フォーラム | デイリーインプレッション |
伊藤教授の土質力学講座
[ ↑目次へ戻る ]
第7章 斜面の安定
7.2 分割法
分割法は内部摩擦角もある、一般の粘性土からなる斜面の安定解析に用い
る比較的簡単な計算法である。土が層化しているような、土質の一様でない
斜面の安定を検討するのにも使える。
(a)いくつかの仮定すべり円について、(b)以下の計算を同じように、
繰り返して行い、最も安全率の低いものを、その斜面の安全率とする。
(b)すべり円弧を5〜12等分する。この分割線の一つは、すべり円の中
心Oの直下にくるように、また他の分割線は異なった土質のところにくるよ
うにして、分けるのがよい。
(c)各分割片に働く力を求める。分割片の自重Wi は、次のようにして求
める。


 また各分割片の境界において、右と左から互いに働き合う力は全体の釣り
合いを考えるとき、ほぼ消し合うので無視できると考える(図−7.6(a))。
(d)分割片の自重Wi は、図−7.6(b)のようにして、摩擦抵抗に関係
のある、すべり面への垂直力Wi・cosβiと、すべりを起こそうとするWi・
sinβi に分ける。
(e)すべりに対する安定は、O点に関するモ−メントで考える。
*すべりモ−メント Mo=RΣWi・sinβi ・・・・・・・・・(7.8)
*抵抗モ−メント Mr=RΣcli+RΣWi・cosβi・tanφ・・(7.9)
ここに、R:すべり円の半径(m)
Wi:各分割片の重量(t)
βi:円弧面と水平との傾き(度)
c:土の粘着力(t/u)
li:各分割片における円弧の長さ(m)
φ:土の内部摩擦角(度)
(f)すべりに対する安全率は、(7.1)式により、次のようになる。
Fs=Mr/Mo ・・・・・・・・・・・・(7.10)

[ ↑目次へ戻る ]
広告バナー
| トップへ | 疑問・質問ホットライン | コラム | ユニーク製品 | 業界リンク集 | オールカマー・フォーラム | デイリーインプレッション |

コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999 Concrete Products Network All rights reserved. E-Mail:info@con-pro.net