CON-PRO.NET
広告バナー
| トップへ | 疑問・質問ホットライン | コラム | ユニーク製品 | 業界リンク集 | サイバーマート | オールカマー・フォーラム | デイリーインプレッション | 編集記 |
伊藤教授の土質力学講座
[ ↑目次へ戻る ]
第6章 土 圧
6.6 地下埋設管に加わる土圧
地中に埋設管を設置するときは、溝を掘って、その底にパイプを埋めて土
をかぶせる。この場合、溝の側壁摩擦および管の剛性などの影響で、深けれ
ば深いほど埋設管の土圧が増すというものではない。埋め戻し土の締め固め
の状態および溝の幅も影響し、土圧(垂直土圧)は次のようになる。
(1)堅い地盤で、狭く深い掘削を行ない埋め戻した場合(図−6.26
(a))。

ここに、γ:土の単位体積重量(t/m3
B、Bc:それぞれ溝の幅、パイプの外径(m)
μ':埋め戻し土と溝側壁との摩擦係数(μ'=tan(0.8φ))
K:主働土圧係数、K=tan(45゚−φ/2)
H:埋め戻し深さ(m)
(2)自然地盤上にパイプを置いて、その上に盛土をした場合(図−6.2
6(b))。

ここに、μ:埋め戻し土と溝側壁との摩擦係数(μ=tanφ)
He:等沈下面のパイプ頂部よりの高さ(m)

なお等沈下面が地表まで現われない場合(H≦He)は、ぞれぞれ(6.38)
式、(6.39)式の第2項目がなくなる。
(3)自然地盤が管径程度の掘削で、その上に盛土をした場合(図−6.2
6(c))。

P=γ・Bc・H ・・・・・・・・・・・・・・(6.40)


[ ↑目次へ戻る ]
広告バナー
| トップへ | 疑問・質問ホットライン | コラム | ユニーク製品 | 業界リンク集 | サイバーマート | オールカマー・フォーラム | デイリーインプレッション | 編集記 |

コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999 Concrete Products Network All rights reserved. E-Mail:info@con-pro.net