CON-PRO.NET
疑問・質問ホットライン
Con-Pro Shop
 
[コンプロネット トップに戻る] [疑問・質問ホットライン トップに戻る] [前のページに戻る] [→プレビューなしモード] *サイト内検索

[新規記事を投稿する] [スレッド新着順] [新着記事一覧] [ルート記事新着順] [過去ログを見る] [ヘルプ]
◆スレッドツリー:
★[37809] 強い酸下での施工について - niigata 2014/09/09 16:35:13 ID:gvxx3UfN 興味アリ×239
耐硫酸性コンクリート等について 今回施工(耐震補強 コンクリ ……
[37811] Re: 強い酸下での施工について - 渡嘉敷 2014/09/10 10:53:51 ID:hvZHes.Z フムフム×180 ナルホド!×192 スゴイ!!×149
下水道管および下水処理設備に多くが書いています ……
[37813] Re[2]: 強い酸下での施工について - niigata 2014/09/10 11:42:05 ID:R6Nup2wh フムフム×186 ナルホド!×186 スゴイ!!×122
ありがとうございました。 phの基準について明記されたものが ……
[37814] Re: 強い酸下での施工について - ミネルヴァ 2014/09/10 15:05:07 ID:MyTUzcCM フムフム×143 ナルホド!×201 スゴイ!!×146
基本的に硫酸等の強酸はセメント水和物を分化して強烈な浸食 ……
[37830] Re[2]: 強い酸下での施工について - ピンフドラSUN 2014/09/13 20:08:52 ID:DhB2IUjF フムフム×178 ナルホド!×178 スゴイ!!×163
pHとか詳細がわかりませんが、けい酸塩系表面含浸材はアルカリで ……
[37832] Re[3]: 強い酸下での施工について - ミネルヴァ 2014/09/14 17:11:49 ID:jpc/PJD3 フムフム×200 ナルホド!×171 スゴイ!!×140
何がまずいんでしょうか。アルカリ骨材反応による劣化が懸念され ……
[37834] Re[4]: 強い酸下での施工について - ピンフドラSUN 2014/09/14 19:49:34 ID:dqpMLbv0 フムフム×169 ナルホド!×193 スゴイ!!×165
「強酸下」という「設定」がまずいんでしょうかね(笑)。質問者の ……
[37836] Re[5]: 強い酸下での施工について - ミネルヴァ 2014/09/15 00:11:55 ID:FgjSZKyY フムフム×206 ナルホド!×204 スゴイ!!×146
やれやれ、だからライブラリー137号の前段で、強酸対策部分の主 ……
[37837] Re[6]: 強い酸下での施工について - ピンフドラSUN 2014/09/15 09:20:58 ID:uMtBcAQ3 フムフム×170 ナルホド!×201 スゴイ!!×253
診断士の試験勉強をされてる方もおられると思いますので、はっき ……
[37816] Re: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/11 10:17:05 ID:m40sv7kJ フムフム×191 ナルホド!×231 スゴイ!!×143
今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河 ……
[37817] Re[2]: 強い酸下での施工について - ぐぐれ 2014/09/11 16:37:16 ID:Yhy4fH/I フムフム×215 ナルホド!×191 スゴイ!!×150
http://www.ktr.mlit.go.jp/sinaki/sinaki00019.html ……
[37818] Re[3]: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/11 17:11:25 ID:m40sv7kJ フムフム×193 ナルホド!×194 スゴイ!!×130
現在は中和して流したり、専用パイプで海中深くに流したりしてい ……
[37819] Re[4]: 強い酸下での施工について - たしか・・・・ 2014/09/11 17:37:55 ID:YblsySJH フムフム×181 ナルホド!×199 スゴイ!!×155
酸性河川の話は小学校だか中学校の教科書に載っていたよね。 ……
[37820] Re[5]: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/11 17:59:53 ID:m40sv7kJ フムフム×188 ナルホド!×199 スゴイ!!×152
小坂川のパイプラインは有名だったと思います。日本海へ流してま ……
[37821] Re[6]: 強い酸下での施工について - たしか・・・・・ 2014/09/11 22:45:51 ID:/.aivT5Z フムフム×179 ナルホド!×182 スゴイ!!×144
小坂川 パイプライン で検索かけても何も出てきませんが・・・ ……
[37822] Re[7]: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/12 02:49:42 ID:KukR04J7 フムフム×199 ナルホド!×174 スゴイ!!×143
検索エンジンにガソリンが入ってないんじゃないか? ……
[37825] Re[7]: 強い酸下での施工について - いさ 2014/09/12 12:03:54 ID:5v1YKO60 フムフム×196 ナルホド!×203 スゴイ!!×127
「今どき」そんな川が日本に存在するのですか? ……
[37826] Re[8]: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/12 12:32:03 ID:KukR04J7 フムフム×200 ナルホド!×190 スゴイ!!×137
失礼。この問題を<作った>スレ主がわかるものですから、つい。小 ……
[37827] Re[9]: 強い酸下での施工について - ぐぐれ 2014/09/12 13:16:27 ID:JQe1.p0E フムフム×192 ナルホド!×238 スゴイ!!×123
ぐぐれないねぇ https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjmf198 ……
[37823] Re[2]: 強い酸下での施工について - 土木屋G 2014/09/12 08:33:07 ID:TFFYOmyd フムフム×178 ナルホド!×207 スゴイ!!×130
 有名な八ッ場ダム(やんばダム)についてご存じありませんか。 ……
[37824] Re[3]: 強い酸下での施工について - ジロー 2014/09/12 09:56:36 ID:K/Df8vUl フムフム×188 ナルホド!×194 スゴイ!!×149
疑問1 タイトルの「 強い酸下 」とは何を意味するのか。 ……
[37828] Re[3]: 強い酸下での施工について - 昨年までダム屋 2014/09/12 22:29:45 ID:5MYPXSkj フムフム×178 ナルホド!×176 スゴイ!!×171
話がずれてしまっていると思うのです。えーと様は次のようなこと ……
[37843] Re[4]: 強い酸下での施工について - 土木屋G 2014/09/16 10:13:37 ID:JCoOsqGs フムフム×181 ナルホド!×198 スゴイ!!×131
 そのような意味で質問されているのでしたら、吾妻川はやはりい ……
[37848] Re[4]: 強い酸下での施工について - 土木屋G 2014/09/16 14:33:13 ID:JCoOsqGs フムフム×189 ナルホド!×181 スゴイ!!×141
 会社の同僚が教えてくれました。  東北新幹線の青森荒川橋梁 ……
[37849] Re[5]: 強い酸下での施工について - ミネルヴァ 2014/09/16 14:55:48 ID:Y6gGKJpP フムフム×166 ナルホド!×212 スゴイ!!×136
橋脚周囲をエポキシ樹脂でチタンシートコーティングしたんでした ……
[37851] Re[5]: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/16 15:43:51 ID:v3ri5tnp フムフム×167 ナルホド!×192 スゴイ!!×133
土木屋Gさん、どうもありがとうございました。それから、昨年ま ……

強い酸下での施工について
投稿者名:niigata  投稿日:2014/09/09 16:35:13  記事No:37809  ID:gvxx3UfN
耐硫酸性コンクリート等について
今回施工(耐震補強 コンクリートで太くする)する箇所は河川で鉱毒水と温泉水が含まれているため、魚が住めない川です。
耐硫酸性について考慮する基準及び取るべき対策についてご教授ねがいます。

このスレッドへの興味度:×239
→このスレッドに自分も興味アリ!という方は 興味アリここをクリック
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事はスレッドのルート記事です。
◆この記事への返信記事:
[37811] Re: 強い酸下での施工について - 渡嘉敷 2014/09/10 10:53:51 ID:hvZHes.Z フムフム×180 ナルホド!×192 スゴイ!!×149
下水道管および下水処理設備に多くが書いています ……
[37814] Re: 強い酸下での施工について - ミネルヴァ 2014/09/10 15:05:07 ID:MyTUzcCM フムフム×143 ナルホド!×201 スゴイ!!×146
基本的に硫酸等の強酸はセメント水和物を分化して強烈な浸食 ……
[37816] Re: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/11 10:17:05 ID:m40sv7kJ フムフム×191 ナルホド!×231 スゴイ!!×143
今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河 ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re: 強い酸下での施工について
投稿者名:渡嘉敷  投稿日:2014/09/10 10:53:51  記事No:37811  ID:hvZHes.Z
下水道管および下水処理設備に多くが書いています
農業用水路でも対策をおこなっている場所はあります
phの程度にもよるでしょうが・・・一般的におこなっているのは防護コンクリートを設けています、厚さはその地域のコンクリートを調査して分らなければ同程度のph地域のデーターを参考に決めています。

このレスへの感心度: フムフム×180 ナルホド!×192 スゴイ!!×149
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37809] 強い酸下での施工について - niigata 2014/09/09 16:35:13 ID:gvxx3UfN 興味アリ×239
耐硫酸性コンクリート等について 今回施工(耐震補強 コンクリ ……
◆この記事への返信記事:
[37813] Re[2]: 強い酸下での施工について - niigata 2014/09/10 11:42:05 ID:R6Nup2wh フムフム×186 ナルホド!×186 スゴイ!!×122
ありがとうございました。 phの基準について明記されたものが ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[2]: 強い酸下での施工について
投稿者名:niigata  投稿日:2014/09/10 11:42:05  記事No:37813  ID:R6Nup2wh
ありがとうございました。

phの基準について明記されたものがあれば教えてください。

生コンでの対応は困難なようなので、表面保護、防護コンクリートになるのでしょうか。

このレスへの感心度: フムフム×186 ナルホド!×186 スゴイ!!×122
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37811] Re: 強い酸下での施工について - 渡嘉敷 2014/09/10 10:53:51 ID:hvZHes.Z フムフム×180 ナルホド!×192 スゴイ!!×149
下水道管および下水処理設備に多くが書いています ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re: 強い酸下での施工について
投稿者名:ミネルヴァ  投稿日:2014/09/10 15:05:07  記事No:37814  ID:MyTUzcCM
niigata wrote.

>耐硫酸性コンクリート等について

>今回施工(耐震補強 コンクリートで太くする)する箇所は河川で鉱毒水と温泉水が含まれているため、魚が住めない川です。
>耐硫酸性について考慮する基準及び取るべき対策についてご教授ねがいます。

>ありがとうございました。 
>phの基準について明記されたものがあれば教えてください。
 
>生コンでの対応は困難なようなので、表面保護、防護コンクリートになるのでしょうか

基本的に硫酸等の強酸はセメント水和物を分化して強烈な浸食作用を生じさせる。また、硫酸塩はセメント水和物や未水和のセメント鉱物(C3A)と反応して、膨張性を有する石膏やエトリンガイトを生成し、著しい膨張現象を生じせしめ、ひび割れの発生や場合によってはコンクリートを崩壊に至らせる場合もある。
このため、酸や硫酸塩に対してはコンクリート表面に適切な保護層を形成させることが最も有効とされる。
国内においては、温泉や酸性河川、硫酸(あるいは硫酸塩土壌)環境等にコンクリートを施工する場合の明確な指針は(多分)なく、関連する文献も少ない。
当方の知るところでは、日本国内はじめ各国の基準類や具体的な劣化対策をまとめたものとしては、少し古いが以下のものがあるので参考とされたい。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/coj1975/17/11/17_31/_pdf

また、以前国内ではJH九州が『温泉地帯におけるコンクリート構造物の設計施工指針』を取りまとめて運用していたが、NEXCOとなってからは目にしていない。
この中では打設地帯の土壌や水のpHや硫酸イオン濃度により腐食区分を設けていた。この基準の一部とこれに対する対策例が下記文献に記載されているので、これも参考とされたい。

http://library.jsce.or.jp/jsce/open/00037/397/397-119899.pdf

なお、表面保護工法に関しては、土木学会より
コンクリートライブラリー119号『表面保護工法設計施工指針(案)』
             同     137号『けい酸塩系表面含浸工法の設計施工指針(案)』
が刊行されているので、こちらも参照されたい。

このレスへの感心度: フムフム×143 ナルホド!×201 スゴイ!!×146
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37809] 強い酸下での施工について - niigata 2014/09/09 16:35:13 ID:gvxx3UfN 興味アリ×239
耐硫酸性コンクリート等について 今回施工(耐震補強 コンクリ ……
◆この記事への返信記事:
[37830] Re[2]: 強い酸下での施工について - ピンフドラSUN 2014/09/13 20:08:52 ID:DhB2IUjF フムフム×178 ナルホド!×178 スゴイ!!×163
pHとか詳細がわかりませんが、けい酸塩系表面含浸材はアルカリで ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[2]: 強い酸下での施工について
投稿者名:ピンフドラSUN  投稿日:2014/09/13 20:08:52  記事No:37830  ID:DhB2IUjF
ミネルヴァ wrote.

>niigata wrote.
>
>>耐硫酸性コンクリート等について
>
>>今回施工(耐震補強 コンクリートで太くする)する箇所は河川で鉱毒水と温泉水が含まれているため、魚が住めない川です。
>>耐硫酸性について考慮する基準及び取るべき対策についてご教授ねがいます。
>
>>ありがとうございました。 
>>phの基準について明記されたものがあれば教えてください。

>>生コンでの対応は困難なようなので、表面保護、防護コンクリートになるのでしょうか
>
>基本的に硫酸等の強酸はセメント水和物を分化して強烈な浸食作用を生じさせる。また、硫酸塩はセメント水和物や未水和のセメント鉱物(C3A)と反応して、膨張性を有する石膏やエトリンガイトを生成し、著しい膨張現象を生じせしめ、ひび割れの発生や場合によってはコンクリートを崩壊に至らせる場合もある。
>このため、酸や硫酸塩に対してはコンクリート表面に適切な保護層を形成させることが最も有効とされる。
>国内においては、温泉や酸性河川、硫酸(あるいは硫酸塩土壌)環境等にコンクリートを施工する場合の明確な指針は(多分)なく、関連する文献も少ない。
>当方の知るところでは、日本国内はじめ各国の基準類や具体的な劣化対策をまとめたものとしては、少し古いが以下のものがあるので参考とされたい。
>
>https://www.jstage.jst.go.jp/article/coj1975/17/11/17_31/_pdf
>
>また、以前国内ではJH九州が『温泉地帯におけるコンクリート構造物の設計施工指針』を取りまとめて運用していたが、NEXCOとなってからは目にしていない。
>この中では打設地帯の土壌や水のpHや硫酸イオン濃度により腐食区分を設けていた。この基準の一部とこれに対する対策例が下記文献に記載されているので、これも参考とされたい。
>
>http://library.jsce.or.jp/jsce/open/00037/397/397-119899.pdf
>
>なお、表面保護工法に関しては、土木学会より
>コンクリートライブラリー119号『表面保護工法設計施工指針(案)』
>             同     137号『けい酸塩系表面含浸工法の設計施工指針(案)』
>が刊行されているので、こちらも参照されたい。

pHとか詳細がわかりませんが、けい酸塩系表面含浸材はアルカリですから、まずいでしょう?寒地土木研究所の資料でも化学的浸食に対しては×となっています。次を参照ください。
http://thesis.ceri.go.jp/db/files/0005801060.pdf
表面含浸材は、例えば耐酸ライニングのようにコンクリート表面からの液体の侵入を完全に防ぐようなものではないですから化学的浸食に対しては使うべきではないでしょう。

このレスへの感心度: フムフム×178 ナルホド!×178 スゴイ!!×163
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37814] Re: 強い酸下での施工について - ミネルヴァ 2014/09/10 15:05:07 ID:MyTUzcCM フムフム×143 ナルホド!×201 スゴイ!!×146
基本的に硫酸等の強酸はセメント水和物を分化して強烈な浸食 ……
◆この記事への返信記事:
[37832] Re[3]: 強い酸下での施工について - ミネルヴァ 2014/09/14 17:11:49 ID:jpc/PJD3 フムフム×200 ナルホド!×171 スゴイ!!×140
何がまずいんでしょうか。アルカリ骨材反応による劣化が懸念され ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[3]: 強い酸下での施工について
投稿者名:ミネルヴァ  投稿日:2014/09/14 17:11:49  記事No:37832  ID:jpc/PJD3
ピンフドラSUN wrote.
>ミネルヴァ wrote.
>>niigata wrote.
>>>耐硫酸性コンクリート等について
>>>今回施工(耐震補強 コンクリートで太くする)する箇所は河川で鉱毒水と温泉水が含まれているため、魚が住めない川です。
>>>耐硫酸性について考慮する基準及び取るべき対策についてご教授ねがいます。
>>
>>>ありがとうございました。 
>>>phの基準について明記されたものがあれば教えてください。
>>>生コンでの対応は困難なようなので、表面保護、防護コンクリートになるのでしょうか
>>
>>基本的に硫酸等の強酸はセメント水和物を分化して強烈な浸食作用を生じさせる。また、硫酸塩はセメント水和物や未水和のセメント鉱物(C3A)と反応して、膨張性を有する石膏やエトリンガイトを生成し、著しい膨張現象を生じせしめ、ひび割れの発生や場合によってはコンクリートを崩壊に至らせる場合もある。
>>このため、酸や硫酸塩に対してはコンクリート表面に適切な保護層を形成させることが最も有効とされる。
>>国内においては、温泉や酸性河川、硫酸(あるいは硫酸塩土壌)環境等にコンクリートを施工する場合の明確な指針は(多分)なく、関連する文献も少ない。
>>当方の知るところでは、日本国内はじめ各国の基準類や具体的な劣化対策をまとめたものとしては、少し古いが以下のものがあるので参考とされたい。
>>
>>https://www.jstage.jst.go.jp/article/coj1975/17/11/17_31/_pdf
>>
>>また、以前国内ではJH九州が『温泉地帯におけるコンクリート構造物の設計施工指針』を取りまとめて運用していたが、NEXCOとなってからは目にしていない。
>>この中では打設地帯の土壌や水のpHや硫酸イオン濃度により腐食区分を設けていた。この基準の一部とこれに対する対策例が下記文献に記載されているので、これも参考とされたい。
>>
>>http://library.jsce.or.jp/jsce/open/00037/397/397-119899.pdf
>>
>>なお、表面保護工法に関しては、土木学会より
>>コンクリートライブラリー119号『表面保護工法設計施工指針(案)』
>>             同     137号『けい酸塩系表面含浸工法の設計施工指針(案)』
>>が刊行されているので、こちらも参照されたい。
>
>pHとか詳細がわかりませんが、けい酸塩系表面含浸材はアルカリですから、まずいでしょう?
何がまずいんでしょうか。アルカリ骨材反応による劣化が懸念される場合ならば、けい酸ナトリウムやカリウムなどのアルカリ金属塩は反応を促進する懸念があるので適当でないということは【37719】などにも既に書きましたが、酸性河川や温泉地域での劣化補修にアルカリの何がまずいのですか?

>寒地土木研究所の資料でも化学的浸食に対しては×となっています。次を参照ください。
>http://thesis.ceri.go.jp/db/files/0005801060.pdf
>表面含浸材は、例えば耐酸ライニングのようにコンクリート表面からの液体の侵入を完全に防ぐようなものではないですから化学的浸食に対しては使うべきではないでしょう。
ご指摘の文献は当然知っていますが、当方が引用している土木学会のコンクリートライブラリー137号『けい酸塩系表面含浸工法の設計施工指針(案)』(一昨年土木学会にて整理・指針化されたもの)では、これとは異なる考え方が示されています。どうも、これを読まずに得意の思い込みで書き込まれているようなので、ライブラリーの137号の概要を記載した文献を以下に添付します。

http://www.linack.jp/concrete_library_137/

これの中段に適用範囲の目安が示されていますのでこれをご覧ください。これによれば『化学的浸食抑止性』(引用文献の『科学的』は誤植)は『適用範囲外』ではなく『要検討』に区分されていますし、酸性河川水の飛沫影響部分や温泉水の噴気・蒸気の影響等で予想される表面組織の脆弱化や中性化に対する補修方法として有効と考えられる『中性化抑止策』、『表面硬度(の改善)』、『アルカリ性付与性』に関しては『適用可能範囲』に区分されています。
当方もど素人ではありませんから、酸性河川水にどぶ漬けになる部位の劣化対策がケイ酸塩系含浸材だけで充分だなどとは当然思ってもいませんが、前述の通り部位によっては有効対策として採用の可能性がある改質項目も多いので、この指針も『参照されたい(参考までに見てね)。』と書いているのです。

このレスへの感心度: フムフム×200 ナルホド!×171 スゴイ!!×140
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37830] Re[2]: 強い酸下での施工について - ピンフドラSUN 2014/09/13 20:08:52 ID:DhB2IUjF フムフム×178 ナルホド!×178 スゴイ!!×163
pHとか詳細がわかりませんが、けい酸塩系表面含浸材はアルカリで ……
◆この記事への返信記事:
[37834] Re[4]: 強い酸下での施工について - ピンフドラSUN 2014/09/14 19:49:34 ID:dqpMLbv0 フムフム×169 ナルホド!×193 スゴイ!!×165
「強酸下」という「設定」がまずいんでしょうかね(笑)。質問者の ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[4]: 強い酸下での施工について
投稿者名:ピンフドラSUN  投稿日:2014/09/14 19:49:34  記事No:37834  ID:dqpMLbv0
ミネルヴァ wrote.
>>>niigata wrote.
>>>>耐硫酸性コンクリート等について
>>>>今回施工(耐震補強 コンクリートで太くする)する箇所は河川で鉱毒水と温泉水が含まれているため、魚が住めない川です。
>>>>耐硫酸性について考慮する基準及び取るべき対策についてご教授ねがいます。
>>>
>>>基本的に硫酸等の強酸はセメント水和物を分化して強烈な浸食作用を生じさせる。また、硫酸塩はセメント水和物や未水和のセメント鉱物(C3A)と反応して、膨張性を有する石膏やエトリンガイトを生成し、著しい膨張現象を生じせしめ、ひび割れの発生や場合によってはコンクリートを崩壊に至らせる場合もある。
>>>このため、酸や硫酸塩に対してはコンクリート表面に適切な保護層を形成させることが最も有効とされる。
>>>国内においては、温泉や酸性河川、硫酸(あるいは硫酸塩土壌)環境等にコンクリートを施工する場合の明確な指針は(多分)なく、関連する文献も少ない。
>>>当方の知るところでは、日本国内はじめ各国の基準類や具体的な劣化対策をまとめたものとしては、少し古いが以下のものがあるので参考とされたい。
>>>
>>>https://www.jstage.jst.go.jp/article/coj1975/17/11/17_31/_pdf
>>>
>>>また、以前国内ではJH九州が『温泉地帯におけるコンクリート構造物の設計施工指針』を取りまとめて運用していたが、NEXCOとなってからは目にしていない。
>>>この中では打設地帯の土壌や水のpHや硫酸イオン濃度により腐食区分を設けていた。この基準の一部とこれに対する対策例が下記文献に記載されているので、これも参考とされたい。
>>>
>>>http://library.jsce.or.jp/jsce/open/00037/397/397-119899.pdf
>>>
>>>なお、表面保護工法に関しては、土木学会より
>>>コンクリートライブラリー119号『表面保護工法設計施工指針(案)』
>>>             同     137号『けい酸塩系表面含浸工法の設計施工指針(案)』
>>>が刊行されているので、こちらも参照されたい。
>>
>>pHとか詳細がわかりませんが、けい酸塩系表面含浸材はアルカリですから、まずいでしょう?
>何がまずいんでしょうか。アルカリ骨材反応による劣化が懸念される場合ならば、けい酸ナトリウムやカリウムなどのアルカリ金属塩は反応を促進する懸念があるので適当でないということは【37719】などにも既に書きましたが、酸性河川や温泉地域での劣化補修にアルカリの何がまずいのですか?
>
>>寒地土木研究所の資料でも化学的浸食に対しては×となっています。次を参照ください。
>>http://thesis.ceri.go.jp/db/files/0005801060.pdf
>>表面含浸材は、例えば耐酸ライニングのようにコンクリート表面からの液体の侵入を完全に防ぐようなものではないですから化学的浸食に対しては使うべきではないでしょう。
>ご指摘の文献は当然知っていますが、当方が引用している土木学会のコンクリートライブラリー137号『けい酸塩系表面含浸工法の設計施工指針(案)』(一昨年土木学会にて整理・指針化されたもの)では、これとは異なる考え方が示されています。どうも、これを読まずに得意の思い込みで書き込まれているようなので、ライブラリーの137号の概要を記載した文献を以下に添付します。
>http://www.linack.jp/concrete_library_137/
>これの中段に適用範囲の目安が示されていますのでこれをご覧ください。これによれば『化学的浸食抑止性』(引用文献の『科学的』は誤植)は『適用範囲外』ではなく『要検討』に区分されていますし、酸性河川水の飛沫影響部分や温泉水の噴気・蒸気の影響等で予想される表面組織の脆弱化や中性化に対する補修方法として有効と考えられる『中性化抑止策』、『表面硬度(の改善)』、『アルカリ性付与性』に関しては『適用可能範囲』に区分されています。
>当方もど素人ではありませんから、酸性河川水にどぶ漬けになる部位の劣化対策がケイ酸塩系含浸材だけで充分だなどとは当然思ってもいませんが、前述の通り部位によっては有効対策として採用の可能性がある改質項目も多いので、この指針も『参照されたい(参考までに見てね)。』と書いているのです。

「強酸下」という「設定」がまずいんでしょうかね(笑)。質問者のniigataさん?が、強酸下の対策として単なる表面改質材(今の場合、強酸下の環境に対し強アルカリのけい酸塩系)を実際の現場で選択肢に上げられると思いますか?単なるコンクリート表面の改質材ですから、ミネルヴァさんが弁解されている程度のものでしかないですよ。単なる表面改質材は、強酸下の対策については土俵にも上がれません。
幸い、ミネルヴァさんの言われるとおり示方書にしたがって「照査」すれば、表面改質材という選択肢は消えてなくなりますから、大事には至らないでしょう。

このレスへの感心度: フムフム×169 ナルホド!×193 スゴイ!!×165
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37832] Re[3]: 強い酸下での施工について - ミネルヴァ 2014/09/14 17:11:49 ID:jpc/PJD3 フムフム×200 ナルホド!×171 スゴイ!!×140
何がまずいんでしょうか。アルカリ骨材反応による劣化が懸念され ……
◆この記事への返信記事:
[37836] Re[5]: 強い酸下での施工について - ミネルヴァ 2014/09/15 00:11:55 ID:FgjSZKyY フムフム×206 ナルホド!×204 スゴイ!!×146
やれやれ、だからライブラリー137号の前段で、強酸対策部分の主 ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[5]: 強い酸下での施工について
投稿者名:ミネルヴァ  投稿日:2014/09/15 00:11:55  記事No:37836  ID:FgjSZKyY
>>>>niigata wrote.
>>>>>耐硫酸性コンクリート等について
>>>>>今回施工(耐震補強 コンクリートで太くする)する箇所は河川で鉱毒水と温泉水が含まれているため、魚が住めない川です。
>>>>>耐硫酸性について考慮する基準及び取るべき対策についてご教授ねがいます。
>>>>基本的に硫酸等の強酸はセメント水和物を分化して強烈な浸食作用を生じさせる。また、硫酸塩はセメント水和物や未水和のセメント鉱物(C3A)と反応して、膨張性を有する石膏やエトリンガイトを生成し、著しい膨張現象を生じせしめ、ひび割れの発生や場合によってはコンクリートを崩壊に至らせる場合もある。
>>>>このため、酸や硫酸塩に対してはコンクリート表面に適切な保護層を形成させることが最も有効とされる。
>>>>当方の知るところでは、日本国内はじめ各国の基準類や具体的な劣化対策をまとめたものとしては、少し古いが以下のものがあるので参考とされたい。
>>>>https://www.jstage.jst.go.jp/article/coj1975/17/11/17_31/_pdf
>>>>また、以前国内ではJH九州が『温泉地帯におけるコンクリート構造物の設計施工指針』を取りまとめて運用していたが、NEXCOとなってからは目にしていない。
>>>>この中では打設地帯の土壌や水のpHや硫酸イオン濃度により腐食区分を設けていた。この基準の一部とこれに対する対策例が下記文献に記載されているので、これも参考とされたい。
>>>>http://library.jsce.or.jp/jsce/open/00037/397/397-119899.pdf
>>>>なお、表面保護工法に関しては、土木学会より
>>>>コンクリートライブラリー119号『表面保護工法設計施工指針(案)』
>>>> 同     137号『けい酸塩系表面含浸工法の設計施工指針(案)』
>>>>が刊行されているので、こちらも参照されたい。
>>>pHとか詳細がわかりませんが、けい酸塩系表面含浸材はアルカリですから、まずいでしょう?
>>何がまずいんでしょうか。アルカリ骨材反応による劣化が懸念される場合ならば、けい酸ナトリウムやカリウムなどのアルカリ金属塩は反応を促進する懸念があるので適当でないということは【37719】などにも既に書きましたが、酸性河川や温泉地域での劣化補修にアルカリの何がまずいのですか?
>>>寒地土木研究所の資料でも化学的浸食に対しては×となっています。次を参照ください。
>>>http://thesis.ceri.go.jp/db/files/0005801060.pdf
>>ご指摘の文献は当然知っていますが、当方が引用している土木学会のコンクリートライブラリー137号『けい酸塩系表面含浸工法の設計施工指針(案)』(一昨年土木学会にて整理・指針化されたもの)では、これとは異なる考え方が示されています。どうも、これを読まずに得意の思い込みで書き込まれているようなので、ライブラリーの137号の概要を記載した文献を以下に添付します。
>>http://www.linack.jp/concrete_library_137/
>>これの中段に適用範囲の目安が示されていますのでこれをご覧ください。これによれば『化学的浸食抑止性』(引用文献の『科学的』は誤植)は『適用範囲外』ではなく『要検討』に区分されていますし、酸性河川水の飛沫影響部分や温泉水の噴気・蒸気の影響等で予想される表面組織の脆弱化や中性化に対する補修方法として有効と考えられる『中性化抑止策』、『表面硬度(の改善)』、『アルカリ性付与性』に関しては『適用可能範囲』に区分されています。
>>当方もど素人ではありませんから、酸性河川水にどぶ漬けになる部位の劣化対策がケイ酸塩系含浸材だけで充分だなどとは当然思ってもいませんが、前述の通り部位によっては有効対策として採用の可能性がある改質項目も多いので、この指針も『参照されたい(参考までに見てね)。』と書いているのです。
>「強酸下」という「設定」がまずいんでしょうかね(笑)。質問者のniigataさん?が、強酸下の対策として単なる表面改質材(今の場合、強酸下の環境に対し強アルカリのけい酸塩系)を実際の現場で選択肢に上げられると思いますか?単なるコンクリート表面の改質材ですから、ミネルヴァさんが弁解されている程度のものでしかないですよ。単なる表面改質材は、強酸下の対策については土俵にも上がれません。
>幸い、ミネルヴァさんの言われるとおり示方書にしたがって「照査」すれば、表面改質材という選択肢は消えてなくなりますから、大事には至らないでしょう。
やれやれ、だからライブラリー137号の前段で、強酸対策部分の主対策となるであろうコンクリートライブラリー119号『表面保護工法設計施工指針(案)』も引用参照するよう推奨してるんでしょ。ああ、もう下らん詭弁・強弁の反論は要りませんからね。後は質問者・読者各位に判断していただければいいんで。あなたのために解説しているのではないので。

このレスへの感心度: フムフム×206 ナルホド!×204 スゴイ!!×146
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37834] Re[4]: 強い酸下での施工について - ピンフドラSUN 2014/09/14 19:49:34 ID:dqpMLbv0 フムフム×169 ナルホド!×193 スゴイ!!×165
「強酸下」という「設定」がまずいんでしょうかね(笑)。質問者の ……
◆この記事への返信記事:
[37837] Re[6]: 強い酸下での施工について - ピンフドラSUN 2014/09/15 09:20:58 ID:uMtBcAQ3 フムフム×170 ナルホド!×201 スゴイ!!×253
診断士の試験勉強をされてる方もおられると思いますので、はっき ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[6]: 強い酸下での施工について
投稿者名:ピンフドラSUN  投稿日:2014/09/15 09:20:58  記事No:37837  ID:uMtBcAQ3
ミネルヴァ wrote.
>やれやれ、だからライブラリー137号の前段で、強酸対策部分の主対策となるであろうコンクリートライブラリー119号『表面保護工法設計施工指針(案)』も引用参照するよう推奨してるんでしょ。ああ、もう下らん詭弁・強弁の反論は要りませんからね。後は質問者・読者各位に判断していただければいいんで。あなたのために解説しているのではないので。

診断士の試験勉強をされてる方もおられると思いますので、はっきり書きます。以下、強酸下、けい酸塩系表面含浸材がキーワードです。

・強酸下のコンクリートの保護に強アルカリの表面含浸材で対応というのが、大間違いだということは明白です。強アルカリのコンクリートを強酸から保護するのですから。

・耐酸ライニングあるいは塗装等での保護に加え、表面含浸材もというのは大間違いです。表面含浸材は、硬化するとガラスのようにつるつるになり撥水作用があるというのが大きな特徴のひとつです。この特徴のためにコンクリート表面がつるつるになり塗装ができない、耐酸ライニングの施工ができない(接着しない)等の致命的な弊害が生じます。絶対に組み合わせてはいけない工法です。←表面含浸材の商品の中には、含浸させてから水で洗い流すから大丈夫ですというものもありますが、今の場合、相手が強酸ですから使わない方が無難であり、使う必要もないと思います。

以下、余談です。
・今回の強酸下のコンクリート橋脚の耐震補強という「設定」は、どう考えても無理があります(現実ではないような気がします)。補強前の現状の橋脚は、強酸下で大丈夫なのかという疑問がまず生まれます。耐震補強を行うということは、何十年も前に建設されたものでしょうから。また、耐震補強を行うということは、重要な比較的長い橋梁だと思われるので、そういう強酸水の流れる大きな危険な川が存在するのかというのも大きな疑問です。

・例えばコンクリートの塗装仕上げとなっている場合、表面含浸材だけでなく、被膜養生材、塗布型乾燥収縮低減剤等も上記のような弊害となる場合もあるので、それぞれのメーカーさんに事前によく相談されることをお勧めします。

このレスへの感心度: フムフム×170 ナルホド!×201 スゴイ!!×253
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37836] Re[5]: 強い酸下での施工について - ミネルヴァ 2014/09/15 00:11:55 ID:FgjSZKyY フムフム×206 ナルホド!×204 スゴイ!!×146
やれやれ、だからライブラリー137号の前段で、強酸対策部分の主 ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re: 強い酸下での施工について
投稿者名:えーと  投稿日:2014/09/11 10:17:05  記事No:37816  ID:m40sv7kJ
niigata wrote.

>耐硫酸性コンクリート等について
>今回施工(耐震補強 コンクリートで太くする)する箇所は河川で鉱毒水と温泉水が含まれているため、魚が住めない川です。
>耐硫酸性について考慮する基準及び取るべき対策についてご教授ねがいます。

今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河川名とか教えて下さい。

このレスへの感心度: フムフム×191 ナルホド!×231 スゴイ!!×143
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37809] 強い酸下での施工について - niigata 2014/09/09 16:35:13 ID:gvxx3UfN 興味アリ×239
耐硫酸性コンクリート等について 今回施工(耐震補強 コンクリ ……
◆この記事への返信記事:
[37817] Re[2]: 強い酸下での施工について - ぐぐれ 2014/09/11 16:37:16 ID:Yhy4fH/I フムフム×215 ナルホド!×191 スゴイ!!×150
http://www.ktr.mlit.go.jp/sinaki/sinaki00019.html ……
[37823] Re[2]: 強い酸下での施工について - 土木屋G 2014/09/12 08:33:07 ID:TFFYOmyd フムフム×178 ナルホド!×207 スゴイ!!×130
 有名な八ッ場ダム(やんばダム)についてご存じありませんか。 ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[2]: 強い酸下での施工について
投稿者名:ぐぐれ  投稿日:2014/09/11 16:37:16  記事No:37817  ID:Yhy4fH/I
えーと wrote.


>今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河川名とか教えて下さい。

http://www.ktr.mlit.go.jp/sinaki/sinaki00019.html

このレスへの感心度: フムフム×215 ナルホド!×191 スゴイ!!×150
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37816] Re: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/11 10:17:05 ID:m40sv7kJ フムフム×191 ナルホド!×231 スゴイ!!×143
今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河 ……
◆この記事への返信記事:
[37818] Re[3]: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/11 17:11:25 ID:m40sv7kJ フムフム×193 ナルホド!×194 スゴイ!!×130
現在は中和して流したり、専用パイプで海中深くに流したりしてい ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[3]: 強い酸下での施工について
投稿者名:えーと  投稿日:2014/09/11 17:11:25  記事No:37818  ID:m40sv7kJ
ぐぐれ wrote.

>えーと wrote.
>
>
>>今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河川名とか教えて下さい。
>
>http://www.ktr.mlit.go.jp/sinaki/sinaki00019.html

現在は中和して流したり、専用パイプで海中深くに流したりしているから、存在しないのではと思っています。危険ですからね。

このレスへの感心度: フムフム×193 ナルホド!×194 スゴイ!!×130
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37817] Re[2]: 強い酸下での施工について - ぐぐれ 2014/09/11 16:37:16 ID:Yhy4fH/I フムフム×215 ナルホド!×191 スゴイ!!×150
http://www.ktr.mlit.go.jp/sinaki/sinaki00019.html ……
◆この記事への返信記事:
[37819] Re[4]: 強い酸下での施工について - たしか・・・・ 2014/09/11 17:37:55 ID:YblsySJH フムフム×181 ナルホド!×199 スゴイ!!×155
酸性河川の話は小学校だか中学校の教科書に載っていたよね。 ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[4]: 強い酸下での施工について
投稿者名:たしか・・・・  投稿日:2014/09/11 17:37:55  記事No:37819  ID:YblsySJH
えーと wrote.

>ぐぐれ wrote.
>
>>えーと wrote.
>>
>>
>>>今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河川名とか教えて下さい。
>>
>>http://www.ktr.mlit.go.jp/sinaki/sinaki00019.html
>
>現在は中和して流したり、専用パイプで海中深くに流したりしているから、存在しないのではと思っています。危険ですからね。

酸性河川の話は小学校だか中学校の教科書に載っていたよね。
専用パイプで海中深くに流す・・・・!?
山の中から???
なんのこっちゃ???
それこそ差支えなかったらやってる河川名とか教えてください!!

このレスへの感心度: フムフム×181 ナルホド!×199 スゴイ!!×155
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37818] Re[3]: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/11 17:11:25 ID:m40sv7kJ フムフム×193 ナルホド!×194 スゴイ!!×130
現在は中和して流したり、専用パイプで海中深くに流したりしてい ……
◆この記事への返信記事:
[37820] Re[5]: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/11 17:59:53 ID:m40sv7kJ フムフム×188 ナルホド!×199 スゴイ!!×152
小坂川のパイプラインは有名だったと思います。日本海へ流してま ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[5]: 強い酸下での施工について
投稿者名:えーと  投稿日:2014/09/11 17:59:53  記事No:37820  ID:m40sv7kJ
たしか・・・・ wrote.

>えーと wrote.
>
>>ぐぐれ wrote.
>>
>>>えーと wrote.
>>>
>>>
>>>>今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河川名とか教えて下さい。
>>>
>>>http://www.ktr.mlit.go.jp/sinaki/sinaki00019.html
>>
>>現在は中和して流したり、専用パイプで海中深くに流したりしているから、存在しないのではと思っています。危険ですからね。
>
>酸性河川の話は小学校だか中学校の教科書に載っていたよね。
>専用パイプで海中深くに流す・・・・!?
>山の中から???
>なんのこっちゃ???
>それこそ差支えなかったらやってる河川名とか教えてください!!

小坂川のパイプラインは有名だったと思います。日本海へ流してます。

このレスへの感心度: フムフム×188 ナルホド!×199 スゴイ!!×152
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37819] Re[4]: 強い酸下での施工について - たしか・・・・ 2014/09/11 17:37:55 ID:YblsySJH フムフム×181 ナルホド!×199 スゴイ!!×155
酸性河川の話は小学校だか中学校の教科書に載っていたよね。 ……
◆この記事への返信記事:
[37821] Re[6]: 強い酸下での施工について - たしか・・・・・ 2014/09/11 22:45:51 ID:/.aivT5Z フムフム×179 ナルホド!×182 スゴイ!!×144
小坂川 パイプライン で検索かけても何も出てきませんが・・・ ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[6]: 強い酸下での施工について
投稿者名:たしか・・・・・  投稿日:2014/09/11 22:45:51  記事No:37821  ID:/.aivT5Z
えーと wrote.

>たしか・・・・ wrote.
>
>>えーと wrote.
>>
>>>ぐぐれ wrote.
>>>
>>>>えーと wrote.
>>>>
>>>>
>>>>>今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河川名とか教えて下さい。
>>>>
>>>>http://www.ktr.mlit.go.jp/sinaki/sinaki00019.html
>>>
>>>現在は中和して流したり、専用パイプで海中深くに流したりしているから、存在しないのではと思っています。危険ですからね。
>>
>>酸性河川の話は小学校だか中学校の教科書に載っていたよね。
>>専用パイプで海中深くに流す・・・・!?
>>山の中から???
>>なんのこっちゃ???
>>それこそ差支えなかったらやってる河川名とか教えてください!!
>
>小坂川のパイプラインは有名だったと思います。日本海へ流してます。

小坂川 パイプライン で検索かけても何も出てきませんが・・・・。
アマゴとか釣り場の話しか・・・(笑)。
教科書に出てくるような常識的なことを知らない人に、
誰も知らんようなことを有名だって書かれてもねぇ(苦笑)。

このレスへの感心度: フムフム×179 ナルホド!×182 スゴイ!!×144
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37820] Re[5]: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/11 17:59:53 ID:m40sv7kJ フムフム×188 ナルホド!×199 スゴイ!!×152
小坂川のパイプラインは有名だったと思います。日本海へ流してま ……
◆この記事への返信記事:
[37822] Re[7]: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/12 02:49:42 ID:KukR04J7 フムフム×199 ナルホド!×174 スゴイ!!×143
検索エンジンにガソリンが入ってないんじゃないか? ……
[37825] Re[7]: 強い酸下での施工について - いさ 2014/09/12 12:03:54 ID:5v1YKO60 フムフム×196 ナルホド!×203 スゴイ!!×127
「今どき」そんな川が日本に存在するのですか? ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[7]: 強い酸下での施工について
投稿者名:えーと  投稿日:2014/09/12 02:49:42  記事No:37822  ID:KukR04J7
たしか・・・・・ wrote.

>えーと wrote.
>
>>たしか・・・・ wrote.
>>
>>>えーと wrote.
>>>
>>>>ぐぐれ wrote.
>>>>
>>>>>えーと wrote.
>>>>>
>>>>>
>>>>>>今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河川名とか教えて下さい。
>>>>>
>>>>>http://www.ktr.mlit.go.jp/sinaki/sinaki00019.html
>>>>
>>>>現在は中和して流したり、専用パイプで海中深くに流したりしているから、存在しないのではと思っています。危険ですからね。
>>>
>>>酸性河川の話は小学校だか中学校の教科書に載っていたよね。
>>>専用パイプで海中深くに流す・・・・!?
>>>山の中から???
>>>なんのこっちゃ???
>>>それこそ差支えなかったらやってる河川名とか教えてください!!
>>
>>小坂川のパイプラインは有名だったと思います。日本海へ流してます。
>
>小坂川 パイプライン で検索かけても何も出てきませんが・・・・。
>アマゴとか釣り場の話しか・・・(笑)。
>教科書に出てくるような常識的なことを知らない人に、
>誰も知らんようなことを有名だって書かれてもねぇ(苦笑)。

  検索エンジンにガソリンが入ってないんじゃないか?

このレスへの感心度: フムフム×199 ナルホド!×174 スゴイ!!×143
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37821] Re[6]: 強い酸下での施工について - たしか・・・・・ 2014/09/11 22:45:51 ID:/.aivT5Z フムフム×179 ナルホド!×182 スゴイ!!×144
小坂川 パイプライン で検索かけても何も出てきませんが・・・ ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[7]: 強い酸下での施工について
投稿者名:いさ  投稿日:2014/09/12 12:03:54  記事No:37825  ID:5v1YKO60
たしか・・・・・ wrote.

>えーと wrote.
>
>>たしか・・・・ wrote.
>>
>>>えーと wrote.
>>>
>>>>ぐぐれ wrote.
>>>>
>>>>>えーと wrote.
>>>>>
>>>>>
>>>>>>今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河川名とか教えて下さい。
>>>>>
>>>>>http://www.ktr.mlit.go.jp/sinaki/sinaki00019.html
>>>>
>>>>現在は中和して流したり、専用パイプで海中深くに流したりしているから、存在しないのではと思っています。危険ですからね。
>>>
>>>酸性河川の話は小学校だか中学校の教科書に載っていたよね。
>>>専用パイプで海中深くに流す・・・・!?
>>>山の中から???
>>>なんのこっちゃ???
>>>それこそ差支えなかったらやってる河川名とか教えてください!!
>>
>>小坂川のパイプラインは有名だったと思います。日本海へ流してます。
>
>小坂川 パイプライン で検索かけても何も出てきませんが・・・・。
>アマゴとか釣り場の話しか・・・(笑)。
>教科書に出てくるような常識的なことを知らない人に、
>誰も知らんようなことを有名だって書かれてもねぇ(苦笑)。

「今どき」そんな川が日本に存在するのですか?
って書いてあるんだから、察しましょう。
煽るような書き方は(・A・)イクナイ!

このレスへの感心度: フムフム×196 ナルホド!×203 スゴイ!!×127
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37821] Re[6]: 強い酸下での施工について - たしか・・・・・ 2014/09/11 22:45:51 ID:/.aivT5Z フムフム×179 ナルホド!×182 スゴイ!!×144
小坂川 パイプライン で検索かけても何も出てきませんが・・・ ……
◆この記事への返信記事:
[37826] Re[8]: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/12 12:32:03 ID:KukR04J7 フムフム×200 ナルホド!×190 スゴイ!!×137
失礼。この問題を<作った>スレ主がわかるものですから、つい。小 ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[8]: 強い酸下での施工について
投稿者名:えーと  投稿日:2014/09/12 12:32:03  記事No:37826  ID:KukR04J7
いさ wrote.

>たしか・・・・・ wrote.
>
>>えーと wrote.
>>
>>>たしか・・・・ wrote.
>>>
>>>>えーと wrote.
>>>>
>>>>>ぐぐれ wrote.
>>>>>
>>>>>>えーと wrote.
>>>>>>
>>>>>>
>>>>>>>今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河川名とか教えて下さい。
>>>>>>
>>>>>>http://www.ktr.mlit.go.jp/sinaki/sinaki00019.html
>>>>>
>>>>>現在は中和して流したり、専用パイプで海中深くに流したりしているから、存在しないのではと思っています。危険ですからね。
>>>>
>>>>酸性河川の話は小学校だか中学校の教科書に載っていたよね。
>>>>専用パイプで海中深くに流す・・・・!?
>>>>山の中から???
>>>>なんのこっちゃ???
>>>>それこそ差支えなかったらやってる河川名とか教えてください!!
>>>
>>>小坂川のパイプラインは有名だったと思います。日本海へ流してます。
>>
>>小坂川 パイプライン で検索かけても何も出てきませんが・・・・。
>>アマゴとか釣り場の話しか・・・(笑)。
>>教科書に出てくるような常識的なことを知らない人に、
>>誰も知らんようなことを有名だって書かれてもねぇ(苦笑)。
>
>「今どき」そんな川が日本に存在するのですか?
>って書いてあるんだから、察しましょう。
>煽るような書き方は(・A・)イクナイ!

失礼。この問題を<作った>スレ主がわかるものですから、つい。小坂川、鉱毒水、早稲田大学等で検索下さい。パイプラインのおかげで、アマゴ等が住めるようになりました。今どきとかいたのは、中和とかして流しているから、そういう危険な川はないんじゃないかなと思って質問しています。

このレスへの感心度: フムフム×200 ナルホド!×190 スゴイ!!×137
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37825] Re[7]: 強い酸下での施工について - いさ 2014/09/12 12:03:54 ID:5v1YKO60 フムフム×196 ナルホド!×203 スゴイ!!×127
「今どき」そんな川が日本に存在するのですか? ……
◆この記事への返信記事:
[37827] Re[9]: 強い酸下での施工について - ぐぐれ 2014/09/12 13:16:27 ID:JQe1.p0E フムフム×192 ナルホド!×238 スゴイ!!×123
ぐぐれないねぇ https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjmf198 ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[9]: 強い酸下での施工について
投稿者名:ぐぐれ  投稿日:2014/09/12 13:16:27  記事No:37827  ID:JQe1.p0E
ぐぐれないねぇ

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjmf1987/10/3/10_3_251/_pdf
3ページ目のなかほどにあるものかな?

http://yamaiga.com/koneta/koneta_158.html

ようは
これのことだよねぇ

強酸性の河川対策とは、ちょっとちがうねぇ

このレスへの感心度: フムフム×192 ナルホド!×238 スゴイ!!×123
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37826] Re[8]: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/12 12:32:03 ID:KukR04J7 フムフム×200 ナルホド!×190 スゴイ!!×137
失礼。この問題を<作った>スレ主がわかるものですから、つい。小 ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[2]: 強い酸下での施工について
投稿者名:土木屋G  投稿日:2014/09/12 08:33:07  記事No:37823  ID:TFFYOmyd
えーと wrote.

>niigata wrote.
>
>>耐硫酸性コンクリート等について
>>今回施工(耐震補強 コンクリートで太くする)する箇所は河川で鉱毒水と温泉水が含まれているため、魚が住めない川です。
>>耐硫酸性について考慮する基準及び取るべき対策についてご教授ねがいます。
>
>今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河川名とか教えて下さい。


 有名な八ッ場ダム(やんばダム)についてご存じありませんか。

 国土交通省の八ッ場ダム工事事務所のQ&Aに下記のように記述されています。


 【吾妻川は、草津白根山に起因する酸性河川の流入により、古来より生物も生息せず、鉄やコンクリートさえ溶かす「死の川」と呼ばれていました。このため、群馬県は昭和32年に吾妻川総合開発事業計画を策定し、酸性河川を中和するた石灰乳液を投入し、水質改善を行うこととしました。
この事業により建設された品木ダムは、草津町の中和工場から、各河川に投入される石灰乳液により生じる中和生成物を沈殿させ、それを収容することを目的としており、その機能を十分果たしています。また、沈殿した中和生成物については今後とも浚渫等によって、適正に管理します。
 昭和39年より本格的に水質改善が開始された結果、吾妻川の河川水にさらされる橋脚や護岸にコンクリートを使用することができるようになるとともに、ダムの建設も可能になりました。農業においては、利根川合流後で取水する農業用水まで影響が及んでいましたが、農家での消石灰購入の負担もなくなり、収量も他の地区と同程度となるなど大きな効果を上げています。発電では、品木ダムの貯留水を利用し、湯川発電所で最大8,200kwの発電を可能とするとともに、発電設備の耐用年数が伸びるなどの効果を上げています。また、水生生物や魚の生息が中流部付近まで確認されるようになり、水環境の改善に大きく寄与しています。
なお、八ッ場ダムの計画は、酸性水の改善を目的としておらず、当然、中和生成物を沈殿させる品木ダムの役割を負うことはありません。】


 

このレスへの感心度: フムフム×178 ナルホド!×207 スゴイ!!×130
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37816] Re: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/11 10:17:05 ID:m40sv7kJ フムフム×191 ナルホド!×231 スゴイ!!×143
今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河 ……
◆この記事への返信記事:
[37824] Re[3]: 強い酸下での施工について - ジロー 2014/09/12 09:56:36 ID:K/Df8vUl フムフム×188 ナルホド!×194 スゴイ!!×149
疑問1 タイトルの「 強い酸下 」とは何を意味するのか。 ……
[37828] Re[3]: 強い酸下での施工について - 昨年までダム屋 2014/09/12 22:29:45 ID:5MYPXSkj フムフム×178 ナルホド!×176 スゴイ!!×171
話がずれてしまっていると思うのです。えーと様は次のようなこと ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[3]: 強い酸下での施工について
投稿者名:ジロー  投稿日:2014/09/12 09:56:36  記事No:37824  ID:K/Df8vUl
土木屋G wrote.

>えーと wrote.
>
>>niigata wrote.
>>
>>>耐硫酸性コンクリート等について
>>>今回施工(耐震補強 コンクリートで太くする)する箇所は河川で鉱毒水と温泉水が含まれているため、魚が住めない川です。
>>>耐硫酸性について考慮する基準及び取るべき対策についてご教授ねがいます。
>>


疑問1 タイトルの「 強い酸下 」とは何を意味するのか。
  
   酸性下といいたいのか。pHは不明なのか? 
   pHが不明なら酸性かどうかも怪しいが。
    

このレスへの感心度: フムフム×188 ナルホド!×194 スゴイ!!×149
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37823] Re[2]: 強い酸下での施工について - 土木屋G 2014/09/12 08:33:07 ID:TFFYOmyd フムフム×178 ナルホド!×207 スゴイ!!×130
 有名な八ッ場ダム(やんばダム)についてご存じありませんか。 ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[3]: 強い酸下での施工について
投稿者名:昨年までダム屋  投稿日:2014/09/12 22:29:45  記事No:37828  ID:5MYPXSkj
土木屋G wrote.

>えーと wrote.
>
>>niigata wrote.
>>
>>>耐硫酸性コンクリート等について
>>>今回施工(耐震補強 コンクリートで太くする)する箇所は河川で鉱毒水と温泉水が含まれているため、魚が住めない川です。
>>>耐硫酸性について考慮する基準及び取るべき対策についてご教授ねがいます。
>>
>>今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河川名とか教えて下さい。
>
>
> 有名な八ッ場ダム(やんばダム)についてご存じありませんか。
>
> 国土交通省の八ッ場ダム工事事務所のQ&Aに下記のように記述されています。
>
>
> 【吾妻川は、草津白根山に起因する酸性河川の流入により、古来より生物も生息せず、鉄やコンクリートさえ溶かす「死の川」と呼ばれていました。このため、群馬県は昭和32年に吾妻川総合開発事業計画を策定し、酸性河川を中和するた石灰乳液を投入し、水質改善を行うこととしました。
>この事業により建設された品木ダムは、草津町の中和工場から、各河川に投入される石灰乳液により生じる中和生成物を沈殿させ、それを収容することを目的としており、その機能を十分果たしています。また、沈殿した中和生成物については今後とも浚渫等によって、適正に管理します。
> 昭和39年より本格的に水質改善が開始された結果、吾妻川の河川水にさらされる橋脚や護岸にコンクリートを使用することができるようになるとともに、ダムの建設も可能になりました。農業においては、利根川合流後で取水する農業用水まで影響が及んでいましたが、農家での消石灰購入の負担もなくなり、収量も他の地区と同程度となるなど大きな効果を上げています。発電では、品木ダムの貯留水を利用し、湯川発電所で最大8,200kwの発電を可能とするとともに、発電設備の耐用年数が伸びるなどの効果を上げています。また、水生生物や魚の生息が中流部付近まで確認されるようになり、水環境の改善に大きく寄与しています。
>なお、八ッ場ダムの計画は、酸性水の改善を目的としておらず、当然、中和生成物を沈殿させる品木ダムの役割を負うことはありません。】
>
話がずれてしまっていると思うのです。えーと様は次のようなことを言われたいのではないかと思われるのです。
鉱毒水も温泉水もあるのです。でも人間が手を加えて中和したり、海底へ流したりして危険でないようにしているので、橋脚が存在するような河川で、そのような危険な水が流れている川は「いまどき」ないのではないでしょうかということで、えーと様は質問をされておられるのではと思うのです。間違っていたら申し訳なく思うのです。

このレスへの感心度: フムフム×178 ナルホド!×176 スゴイ!!×171
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37823] Re[2]: 強い酸下での施工について - 土木屋G 2014/09/12 08:33:07 ID:TFFYOmyd フムフム×178 ナルホド!×207 スゴイ!!×130
 有名な八ッ場ダム(やんばダム)についてご存じありませんか。 ……
◆この記事への返信記事:
[37843] Re[4]: 強い酸下での施工について - 土木屋G 2014/09/16 10:13:37 ID:JCoOsqGs フムフム×181 ナルホド!×198 スゴイ!!×131
 そのような意味で質問されているのでしたら、吾妻川はやはりい ……
[37848] Re[4]: 強い酸下での施工について - 土木屋G 2014/09/16 14:33:13 ID:JCoOsqGs フムフム×189 ナルホド!×181 スゴイ!!×141
 会社の同僚が教えてくれました。  東北新幹線の青森荒川橋梁 ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[4]: 強い酸下での施工について
投稿者名:土木屋G  投稿日:2014/09/16 10:13:37  記事No:37843  ID:JCoOsqGs
昨年までダム屋 wrote.

>話がずれてしまっていると思うのです。えーと様は次のようなことを言われたいのではないかと思われるのです。
>鉱毒水も温泉水もあるのです。でも人間が手を加えて中和したり、海底へ流したりして危険でないようにしているので、橋脚が存在するような河川で、そのような危険な水が流れている川は「いまどき」ないのではないでしょうかということで、えーと様は質問をされておられるのではと思うのです。間違っていたら申し訳なく思うのです。

 そのような意味で質問されているのでしたら、吾妻川はやはりいい事例ではないかと思います。

 草津温泉や万座温泉などを起源とする強酸性の水が流れ込む吾妻川では、中和をしている品木ダムより上流にコンクリート構造物はないのでしょうか。

 橋脚についてはよく知りませんが、吾妻川の支川に建設された白砂川第二砂防堰堤は耐酸工法が採用されています。

このレスへの感心度: フムフム×181 ナルホド!×198 スゴイ!!×131
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37828] Re[3]: 強い酸下での施工について - 昨年までダム屋 2014/09/12 22:29:45 ID:5MYPXSkj フムフム×178 ナルホド!×176 スゴイ!!×171
話がずれてしまっていると思うのです。えーと様は次のようなこと ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[4]: 強い酸下での施工について
投稿者名:土木屋G  投稿日:2014/09/16 14:33:13  記事No:37848  ID:JCoOsqGs
昨年までダム屋 wrote.

>土木屋G wrote.
>
>>えーと wrote.
>>
>>>niigata wrote.
>>>
>>>>耐硫酸性コンクリート等について
>>>>今回施工(耐震補強 コンクリートで太くする)する箇所は河川で鉱毒水と温泉水が含まれているため、魚が住めない川です。
>>>>耐硫酸性について考慮する基準及び取るべき対策についてご教授ねがいます。
>>>
>>>今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河川名とか教えて下さい。
>>
>>
>> 有名な八ッ場ダム(やんばダム)についてご存じありませんか。
>>
>> 国土交通省の八ッ場ダム工事事務所のQ&Aに下記のように記述されています。
>>
>>
>> 【吾妻川は、草津白根山に起因する酸性河川の流入により、古来より生物も生息せず、鉄やコンクリートさえ溶かす「死の川」と呼ばれていました。このため、群馬県は昭和32年に吾妻川総合開発事業計画を策定し、酸性河川を中和するた石灰乳液を投入し、水質改善を行うこととしました。
>>この事業により建設された品木ダムは、草津町の中和工場から、各河川に投入される石灰乳液により生じる中和生成物を沈殿させ、それを収容することを目的としており、その機能を十分果たしています。また、沈殿した中和生成物については今後とも浚渫等によって、適正に管理します。
>> 昭和39年より本格的に水質改善が開始された結果、吾妻川の河川水にさらされる橋脚や護岸にコンクリートを使用することができるようになるとともに、ダムの建設も可能になりました。農業においては、利根川合流後で取水する農業用水まで影響が及んでいましたが、農家での消石灰購入の負担もなくなり、収量も他の地区と同程度となるなど大きな効果を上げています。発電では、品木ダムの貯留水を利用し、湯川発電所で最大8,200kwの発電を可能とするとともに、発電設備の耐用年数が伸びるなどの効果を上げています。また、水生生物や魚の生息が中流部付近まで確認されるようになり、水環境の改善に大きく寄与しています。
>>なお、八ッ場ダムの計画は、酸性水の改善を目的としておらず、当然、中和生成物を沈殿させる品木ダムの役割を負うことはありません。】
>>
>話がずれてしまっていると思うのです。えーと様は次のようなことを言われたいのではないかと思われるのです。
>鉱毒水も温泉水もあるのです。でも人間が手を加えて中和したり、海底へ流したりして危険でないようにしているので、橋脚が存在するような河川で、そのような危険な水が流れている川は「いまどき」ないのではないでしょうかということで、えーと様は質問をされておられるのではと思うのです。間違っていたら申し訳なく思うのです。


 会社の同僚が教えてくれました。

 東北新幹線の青森荒川橋梁の橋脚がpH3程度の川の中央部に建設されているそうです。

このレスへの感心度: フムフム×189 ナルホド!×181 スゴイ!!×141
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37828] Re[3]: 強い酸下での施工について - 昨年までダム屋 2014/09/12 22:29:45 ID:5MYPXSkj フムフム×178 ナルホド!×176 スゴイ!!×171
話がずれてしまっていると思うのです。えーと様は次のようなこと ……
◆この記事への返信記事:
[37849] Re[5]: 強い酸下での施工について - ミネルヴァ 2014/09/16 14:55:48 ID:Y6gGKJpP フムフム×166 ナルホド!×212 スゴイ!!×136
橋脚周囲をエポキシ樹脂でチタンシートコーティングしたんでした ……
[37851] Re[5]: 強い酸下での施工について - えーと 2014/09/16 15:43:51 ID:v3ri5tnp フムフム×167 ナルホド!×192 スゴイ!!×133
土木屋Gさん、どうもありがとうございました。それから、昨年ま ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[5]: 強い酸下での施工について
投稿者名:ミネルヴァ  投稿日:2014/09/16 14:55:48  記事No:37849  ID:Y6gGKJpP
土木屋G wrote.

>昨年までダム屋 wrote.
>
>>土木屋G wrote.
>>
>>>えーと wrote.
>>>
>>>>niigata wrote.
>>>>
>>>>>耐硫酸性コンクリート等について
>>>>>今回施工(耐震補強 コンクリートで太くする)する箇所は河川で鉱毒水と温泉水が含まれているため、魚が住めない川です。
>>>>>耐硫酸性について考慮する基準及び取るべき対策についてご教授ねがいます。
>>>>
>>>>今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河川名とか教えて下さい。
>>>
>>>
>>> 有名な八ッ場ダム(やんばダム)についてご存じありませんか。
>>>
>>> 国土交通省の八ッ場ダム工事事務所のQ&Aに下記のように記述されています。
>>>
>>>
>>> 【吾妻川は、草津白根山に起因する酸性河川の流入により、古来より生物も生息せず、鉄やコンクリートさえ溶かす「死の川」と呼ばれていました。このため、群馬県は昭和32年に吾妻川総合開発事業計画を策定し、酸性河川を中和するた石灰乳液を投入し、水質改善を行うこととしました。
>>>この事業により建設された品木ダムは、草津町の中和工場から、各河川に投入される石灰乳液により生じる中和生成物を沈殿させ、それを収容することを目的としており、その機能を十分果たしています。また、沈殿した中和生成物については今後とも浚渫等によって、適正に管理します。
>>> 昭和39年より本格的に水質改善が開始された結果、吾妻川の河川水にさらされる橋脚や護岸にコンクリートを使用することができるようになるとともに、ダムの建設も可能になりました。農業においては、利根川合流後で取水する農業用水まで影響が及んでいましたが、農家での消石灰購入の負担もなくなり、収量も他の地区と同程度となるなど大きな効果を上げています。発電では、品木ダムの貯留水を利用し、湯川発電所で最大8,200kwの発電を可能とするとともに、発電設備の耐用年数が伸びるなどの効果を上げています。また、水生生物や魚の生息が中流部付近まで確認されるようになり、水環境の改善に大きく寄与しています。
>>>なお、八ッ場ダムの計画は、酸性水の改善を目的としておらず、当然、中和生成物を沈殿させる品木ダムの役割を負うことはありません。】
>>>
>>話がずれてしまっていると思うのです。えーと様は次のようなことを言われたいのではないかと思われるのです。
>>鉱毒水も温泉水もあるのです。でも人間が手を加えて中和したり、海底へ流したりして危険でないようにしているので、橋脚が存在するような河川で、そのような危険な水が流れている川は「いまどき」ないのではないでしょうかということで、えーと様は質問をされておられるのではと思うのです。間違っていたら申し訳なく思うのです。
>
>
> 会社の同僚が教えてくれました。
>
> 東北新幹線の青森荒川橋梁の橋脚がpH3程度の川の中央部に建設されているそうです。

橋脚周囲をエポキシ樹脂でチタンシートコーティングしたんでしたよね。

このレスへの感心度: フムフム×166 ナルホド!×212 スゴイ!!×136
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37848] Re[4]: 強い酸下での施工について - 土木屋G 2014/09/16 14:33:13 ID:JCoOsqGs フムフム×189 ナルホド!×181 スゴイ!!×141
 会社の同僚が教えてくれました。  東北新幹線の青森荒川橋梁 ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[5]: 強い酸下での施工について
投稿者名:えーと  投稿日:2014/09/16 15:43:51  記事No:37851  ID:v3ri5tnp
土木屋G wrote.

>昨年までダム屋 wrote.
>
>>土木屋G wrote.
>>
>>>えーと wrote.
>>>
>>>>niigata wrote.
>>>>
>>>>>耐硫酸性コンクリート等について
>>>>>今回施工(耐震補強 コンクリートで太くする)する箇所は河川で鉱毒水と温泉水が含まれているため、魚が住めない川です。
>>>>>耐硫酸性について考慮する基準及び取るべき対策についてご教授ねがいます。
>>>>
>>>>今どきそんな川が日本に存在するのですか?差し支えなかったら河川名とか教えて下さい。
>>>
>>>
>>> 有名な八ッ場ダム(やんばダム)についてご存じありませんか。
>>>
>>> 国土交通省の八ッ場ダム工事事務所のQ&Aに下記のように記述されています。
>>>
>>>
>>> 【吾妻川は、草津白根山に起因する酸性河川の流入により、古来より生物も生息せず、鉄やコンクリートさえ溶かす「死の川」と呼ばれていました。このため、群馬県は昭和32年に吾妻川総合開発事業計画を策定し、酸性河川を中和するた石灰乳液を投入し、水質改善を行うこととしました。
>>>この事業により建設された品木ダムは、草津町の中和工場から、各河川に投入される石灰乳液により生じる中和生成物を沈殿させ、それを収容することを目的としており、その機能を十分果たしています。また、沈殿した中和生成物については今後とも浚渫等によって、適正に管理します。
>>> 昭和39年より本格的に水質改善が開始された結果、吾妻川の河川水にさらされる橋脚や護岸にコンクリートを使用することができるようになるとともに、ダムの建設も可能になりました。農業においては、利根川合流後で取水する農業用水まで影響が及んでいましたが、農家での消石灰購入の負担もなくなり、収量も他の地区と同程度となるなど大きな効果を上げています。発電では、品木ダムの貯留水を利用し、湯川発電所で最大8,200kwの発電を可能とするとともに、発電設備の耐用年数が伸びるなどの効果を上げています。また、水生生物や魚の生息が中流部付近まで確認されるようになり、水環境の改善に大きく寄与しています。
>>>なお、八ッ場ダムの計画は、酸性水の改善を目的としておらず、当然、中和生成物を沈殿させる品木ダムの役割を負うことはありません。】
>>>
>>話がずれてしまっていると思うのです。えーと様は次のようなことを言われたいのではないかと思われるのです。
>>鉱毒水も温泉水もあるのです。でも人間が手を加えて中和したり、海底へ流したりして危険でないようにしているので、橋脚が存在するような河川で、そのような危険な水が流れている川は「いまどき」ないのではないでしょうかということで、えーと様は質問をされておられるのではと思うのです。間違っていたら申し訳なく思うのです。
>
>
> 会社の同僚が教えてくれました。
>
> 東北新幹線の青森荒川橋梁の橋脚がpH3程度の川の中央部に建設されているそうです。

 土木屋Gさん、どうもありがとうございました。それから、昨年までダム屋さん、分かりやすくしていただきありがとうございました。子供とか人は、近寄れないようにしてあるのでしょうね。でもniigataさんの橋脚は、40年とか50年ぐらい前から既に耐酸工事がしてあったのでしょうね。すごいことですね。

このレスへの感心度: フムフム×167 ナルホド!×192 スゴイ!!×133
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
過去ログ入りしているため、この記事への返信はできません。
◆この記事の親記事:
[37848] Re[4]: 強い酸下での施工について - 土木屋G 2014/09/16 14:33:13 ID:JCoOsqGs フムフム×189 ナルホド!×181 スゴイ!!×141
 会社の同僚が教えてくれました。  東北新幹線の青森荒川橋梁 ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]



コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999-2017 Concrete Products Network All rights reserved.