CON-PRO.NET
疑問・質問ホットライン
Con-Pro Shop
 
[コンプロネット トップに戻る] [疑問・質問ホットライン トップに戻る] [前のページに戻る]

返信記事の投稿
◆サブジェクト(記事のタイトル):
  必ず記入して下さい。
◆投稿者名:
 
  ハンドルで構いませんので必ず記入して下さい。 例)『太郎さん #trippass』
トリップを使用する場合は投稿者名の後に、"#"(半角)を入力し、続けてパスワードとなる任意の文字列を入力してください。
(パスワードは半角でも全角でも構いません(半角カナ除く)。また「"(ダブルクォーテーション)」など一部使用できない文字があります)
◆記事削除用パスワード:
 
  投稿した記事を削除するためのパスワードです。
半角文字「a-zA-Z0-9」の組合わせで 5文字以上12文字以内で入力して下さい。
◆元記事の内容(参照・引用用):
はやと wrote.

>経産省のQ&A
>http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/law/qa/3.html#q81
>
>問81 (ホームページ掲載による化管法に基づくSDSの提供可否)
>化管法に基づくSDSの提供は、製品の説明書などに「SDSはホームページから入手してください。」と明記し、ホームページから入手してもらう方法でもよいのでしょうか。また、ホームページに「SDSが欲しい人は○○に請求してください。」と明記し、後で顧客から請求させる方法でもよいのでしょうか。
>
>答 化管法では、化管法に基づくSDSの提供方法として、文書又は磁気ディスクによる交付を原則としています。受領者側の承諾が得られている場合には、FAXや電子メールによる提供、ホームページへの掲載等(CD−Rを含む)のその他の方法による提供についても認めています。
>また、化管法に基づくSDSについては、指定化学物質又は指定化学物質を規定含有率以上含む製品を譲渡し、又は提供するときまでに提供する必要があることから、後で顧客から請求させる方法は認められません。
>※規定含有率以上:第一種指定化学物質及び第二種指定化学物質ともに1質量%以上(特定第一種指定化学物質の場合は0.1質量%以上)
  引用の必要があればコピー&ペーストして下さい。
◆記事内容:
  長い文章には適宜改行を入れて下さい。
HTMLタグは使用できません。
JIS規格詳細画面へのリンク:例 半角文字で<@JIS A1110>と記入 → JIS A1110 と表示。
 

コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999-2018 Concrete Products Network All rights reserved.