CON-PRO.NET
疑問・質問ホットライン
Con-Pro Shop
 
[コンプロネット トップに戻る] [疑問・質問ホットライン トップに戻る] [前のページに戻る]

返信記事の投稿
◆サブジェクト(記事のタイトル):
  必ず記入して下さい。
◆投稿者名:
 
  ハンドルで構いませんので必ず記入して下さい。 例)『太郎さん #trippass』
トリップを使用する場合は投稿者名の後に、"#"(半角)を入力し、続けてパスワードとなる任意の文字列を入力してください。
(パスワードは半角でも全角でも構いません(半角カナ除く)。また「"(ダブルクォーテーション)」など一部使用できない文字があります)
◆記事削除用パスワード:
 
  投稿した記事を削除するためのパスワードです。
半角文字「a-zA-Z0-9」の組合わせで 5文字以上12文字以内で入力して下さい。
◆元記事の内容(参照・引用用):
主任さ技士 wrote.

>ドラちゃん wrote.
>
>>RUI wrote.
>>
>>>ASIMO wrote.
>>>
>>>>JIS規格で累加計量ができる材料は、骨材と水のみでは?
>>>>化学混和剤とAE剤は、累加計量できないはずです.
>>>
>>>そうですね、JISには混和剤の累加について一切記載がないので
>>>、どうかと思い。
>>>しかしどのプラントもAE減水剤や高性能などにAE剤や消泡剤を多少内添していると思います。その考えで行くと混和剤の性能としては累加した場合に混ざっても
>>>問題ない。別計量していてもすぐ水の計量器へ投入されるなど考えると品質として
>>>問題ない。一番肝心な動荷重としては累加で計量し合計値で判定しても問題ないような気はしますが。
>>
>>言われている通り、何の問題もありません。
>
>いやいや、希釈されない化学混和剤とAE剤が混ざることは
>ほとんどのメーカーが想定されていないのでは?
>
>内添のAE剤(消泡剤)と別添用のAE剤は別物であることが多いですよ。
>また、一番肝心なことは製品品質に影響が無いことを確認することであり
>動荷重などは日常作業の問題です。
>
>試し練りでも混和剤とAE剤を水に入れる前に混ぜないですよね。
>
>メーカー及び認証機関に確認することをオススメします。
  引用の必要があればコピー&ペーストして下さい。
◆記事内容:
  長い文章には適宜改行を入れて下さい。
HTMLタグは使用できません。
JIS規格詳細画面へのリンク:例 半角文字で<@JIS A1110>と記入 → JIS A1110 と表示。
 

コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999-2017 Concrete Products Network All rights reserved.