CON-PRO.NET
疑問・質問ホットライン
Con-Pro Shop
 
[コンプロネット トップに戻る] [疑問・質問ホットライン トップに戻る] [前のページに戻る]

返信記事の投稿
◆サブジェクト(記事のタイトル):
  必ず記入して下さい。
◆投稿者名:
 
  ハンドルで構いませんので必ず記入して下さい。 例)『太郎さん #trippass』
トリップを使用する場合は投稿者名の後に、"#"(半角)を入力し、続けてパスワードとなる任意の文字列を入力してください。
(パスワードは半角でも全角でも構いません(半角カナ除く)。また「"(ダブルクォーテーション)」など一部使用できない文字があります)
◆記事削除用パスワード:
 
  投稿した記事を削除するためのパスワードです。
半角文字「a-zA-Z0-9」の組合わせで 5文字以上12文字以内で入力して下さい。
◆元記事の内容(参照・引用用):
蟻のママの〜 wrote.

>金恩景 wrote.
>
>>型枠を保温型枠にすると、部材内部の温度勾配が小さくなり内部拘束による温度応力の低減に効果はあるが、最高温度が高くなりその後の温度降下に伴う外部拘束による温度応力は増加する。つまり、先打ちされたコンクリート部材のその上にコンクリートを打ち込んだら水和熱によるひび割れ。すなわち、外部拘束による温度ひび割れが鉛直方向に且つ 等間隔に発生する可能性がある。
>
>そのとおりと思います。
>が、床版は非常に薄いですから気温の変化の影響を受けやすく、1日の気温の変化(例えば早朝と昼間)を考慮した通常の解析では、内部拘束による応力も卓越し、保温養生不要という結果にはならないと思います。
>それで、概略検討ということにして、気温は一定ということで解析することをお勧めします。気温を、その地区の夏場の日平均気温、例えば25℃等一定という条件で解析します。もちろん、保温養生を開始するのは、コンクリート打設の翌日からにします。うれしい結果になるはずです。
  引用の必要があればコピー&ペーストして下さい。
◆記事内容:
  長い文章には適宜改行を入れて下さい。
HTMLタグは使用できません。
JIS規格詳細画面へのリンク:例 半角文字で<@JIS A1110>と記入 → JIS A1110 と表示。
 

コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999-2017 Concrete Products Network All rights reserved.