CON-PRO.NET
疑問・質問ホットライン
Con-Pro Shop
 
[コンプロネット トップに戻る] [疑問・質問ホットライン トップに戻る] [前のページに戻る]

■記事の削除
記事を削除するには「記事削除用パスワード」をフォームに入力し「この記事を削除する」ボタンをクリックして下さい。

Re: 樋門樋管の操作台の鉄筋径について
投稿者名:北の設計屋さん  投稿日:2018/10/23 12:28:45  記事No:39678  ID:**********
操作台の張出し部は、片持ち梁構造と思います。
上載荷重(例えば、上屋荷重、群衆荷重、雪荷重)で鉄筋量を決めればよいと思います。



0000 wrote.

>今、樋門樋管の配筋図を作成しています。
>
>門柱上部の操作台の鉄筋径は計算結果がありますが、門柱から外れた部分(張り出している部分)の鉄筋径はどのように決めるのでしょうか?
>
>たとえば、昔の標準設計を見ると
>門柱厚600 かぶり65 
>門柱 端柱 横方向の鉄筋が  D25 2本+2本 と D19 6本+6本 
>      縦方向の鉄筋が  D25 2本+2本                のとき
>門柱から外れた断面方向の鉄筋がD16@300
>              縦断方向の鉄筋がD16@300 で入っています。
>最小鉄筋量で決めているということでもなさそうなのですが。
>
>どのように決めるのか解らず困っています。
>
>分かる方がいらっしゃいましたらご教授頂きたいのですが。
>宜しくお願い致します。
>           
記事削除用パスワード
[←前のページに戻る]

コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999-2018 Concrete Products Network All rights reserved.