CON-PRO.NET
疑問・質問ホットライン
Con-Pro Shop
 
[コンプロネット トップに戻る] [疑問・質問ホットライン トップに戻る] [前のページに戻る]

■記事の削除
記事を削除するには「記事削除用パスワード」をフォームに入力し「この記事を削除する」ボタンをクリックして下さい。

Re[2]: 骨材試験について
投稿者名:みつ◆VRQOzpvRck  投稿日:2018/10/09 14:05:53  記事No:39675  ID:**********
コンクリ屋 wrote.

>駆け出し君 wrote.
>
>>コンクリートの品質管理業務に携わっているものです。骨材試験について質問なのですが、うちの工場では粗骨材を2010と1505を混ぜ合わせて2005の骨材として使用しています。
>>
>>その場合、1505と2010の各種骨材試験とは、別に2005の骨材試験も必要なのでしょうか?現状は全て行っているのですが…。
>
>JIS 5308で骨材単品で必要な試験と骨材を混合して使った場合の試験とが記載されています。
>混合計算によって求められるものについては混合計算でよいかと思います。

同じ管理方法なので記載します。
粗粒率→それぞれ単品でおこなう(2005は計算値による合算でOK)
アル骨→それぞれ単品でおこなう
密度・吸水・微粒分量→それぞれ単品でおこなう(配合計画書に付ける骨材試験成績書は合算値を記載する)
粒形判定実積率→砕石2010を24kg、砕石1505を16kgを混ぜて判定する。

これくらいかな?
抜けていたらゴメンナサイ
記事削除用パスワード
[←前のページに戻る]

コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999-2018 Concrete Products Network All rights reserved.