CON-PRO.NET
疑問・質問ホットライン
Con-Pro Shop
 
[コンプロネット トップに戻る] [疑問・質問ホットライン トップに戻る] [前のページに戻る]

■記事の削除
記事を削除するには「記事削除用パスワード」をフォームに入力し「この記事を削除する」ボタンをクリックして下さい。

Re: 断面修復工事における重ね接手長
投稿者名:悩めるコン担当者  投稿日:2018/09/24 17:15:22  記事No:39668  ID:**********
悩めるコン担当者 wrote.
JR西日本のコンクリート補修施工の本には、
「鉄筋腐食が著しく添え筋により鉄筋を補強する場合、
 添え筋は両端部に10Φ以上のフレア溶接を施工する」
と有ります。参考までに、

A−S wrote.

>断面修復工において、
>鉄筋の腐食がひどく
>破断や断面欠損率20%以上の箇所が
>あります。
>その際、新たに鉄筋を添えて
>断面修復することになっていますが、
>鉄筋の重ねしろを、
>新設構造物同様に、35D以上取ると
>修復範囲がかなり大きくなってしまいます。
>
>これだと、実用的ではないと考えますが、
>このような場合どの程度の
>重ねしろを取ればよいのでしょうか。
>
>ご教授願います。
記事削除用パスワード
[←前のページに戻る]

コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999-2018 Concrete Products Network All rights reserved.