CON-PRO.NET
疑問・質問ホットライン
Con-Pro Shop
 
[コンプロネット トップに戻る] [疑問・質問ホットライン トップに戻る] [前のページに戻る]

■記事の削除
記事を削除するには「記事削除用パスワード」をフォームに入力し「この記事を削除する」ボタンをクリックして下さい。

Re[3]: 安全データシート(SDS)の通知義務について
投稿者名:はやと  投稿日:2018/07/06 18:38:19  記事No:39624  ID:**********
施工前・施工後が問題なのではなく、相手が一般消費者か事業者か、の問題です。
施工前=相手が事業者、施工後=相手が一般消費者ということで、
引き渡し時のSDSは不要と言う意味かと。

もしかしたら袋詰めのセメントにはラベルが表示されているかもしれません。



http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/law/qa/3.html#q14

問14 (一般消費者へ譲渡・提供する場合)
化管法に基づくSDSの提供義務及びラベルによる表示の努力義務は、事業者間のみで一般消費者には必要ないのでしょうか。

答 法第14条において「指定化学物質等を他の事業者に対し譲渡し、又は提供するとき」と規定しています。したがって、化管法では、SDSの提供義務及びラベルによる表示の努力義務の相手先はあくまで事業者であり、一般消費者は提供の対象になりません。

ページ上部へ戻る
問15 (事業者と一般消費者の区別が付かない場合)
指定化学物質を規定含有率以上含有する業務用製品を販売していますが、購入者が事業者と一般消費者との区別がつかない場合、化管法に基づくSDSの提供及びラベルによる表示を要求に応じて実施しなければいけませんか。
※規定含有率以上:第一種指定化学物質及び第二種指定化学物質ともに1質量%以上(特定第一種指定化学物質の場合は0.1質量%以上)

答 事業者と一般消費者との区別がつかない場合は念のため、化管法に基づくSDSの提供及びラベルによる表示をすることが望ましいと考えます。
記事削除用パスワード
[←前のページに戻る]

コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999-2018 Concrete Products Network All rights reserved.