CON-PRO.NET
疑問・質問ホットライン
Con-Pro Shop
 
[コンプロネット トップに戻る] [疑問・質問ホットライン トップに戻る] [前のページに戻る]

■記事の削除
記事を削除するには「記事削除用パスワード」をフォームに入力し「この記事を削除する」ボタンをクリックして下さい。

Re[2]: 軸力と曲げモーメントを受けるRC部材の曲げひび割れ発生モーメント
投稿者名:小倉  投稿日:2018/03/13 10:11:12  記事No:39533  ID:**********
>蟻のママの〜 さん

回答いただきありがとうございます。
質問の仕方が煩雑だったようで申し訳ありません。

質問の意図は蟻のママの〜さんのおっしゃっている通りです。

しかし、教科書には「コンクリートは応力が引張強度に達した後も、いくらか応力を負担する」「曲げひび割れは、弾性状態を家仮定して求めた引張縁コンクリートの応力が曲げひび割れ強度に達することで発生・進展する」とあり、引張強度時の曲げモーメント=ひび割れ発生曲げモーメントではないようです。

この曲げひび割れ発生強度を既知として考えたとき、軸力報告の力のつり合いから中心軸位置を求めて…と考え、
曲げのみが発生している部材では
力のつり合い=0 となり中心軸が求まりますが、
軸力が発生している場合
力のつり合い式にNが入るため、この軸力も既知でなければ解けないということであろうか、と考えています。
これで合っているのでしょうか…。


結局またわかりにくい質問の仕方になってしまい申し訳ありません。
記事削除用パスワード
[←前のページに戻る]

コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999-2018 Concrete Products Network All rights reserved.