CON-PRO.NET
疑問・質問ホットライン
Con-Pro Shop
 
[コンプロネット トップに戻る] [疑問・質問ホットライン トップに戻る] [前のページに戻る]

■記事の削除
記事を削除するには「記事削除用パスワード」をフォームに入力し「この記事を削除する」ボタンをクリックして下さい。

Re[4]: アルカリ骨材反応試験について
投稿者名:佐藤  投稿日:2017/09/06 16:45:07  記事No:39395  ID:**********
コンクリ屋 wrote.

>追記です。
>今調べてみたら、JIS A 5005の4.6に書いてますね
>ちなみに砂利にはこの規定はありません
>砂利の場合はこの場所の石という特定はできない(流れてくるものなので)
>このような規定がないのかもしれません

ご教授ありがとうございます。
そうなんですよね。砕石には明確に規定してあるのでわかりやすいのですが、
砂利には規定がありません。(探せないのかも)

いつのものか忘れてしまいましたが、JIS Q 1011 に対するパブリックコメントにも
「砕石とは違う」と回答があるだけで、明確に回答があったわけではないようです。

1987年10月JIS改正講習会テキストまでさかのぼれば、

「同一石質のものから粒度の異なる砂利を製造している場合は、いづれか一方の粒度について試験を行えばよい。ただし、砂と砂利は同一採取場所から採取、製造されているものであっても個別に試験を行う。」
とあります。

この文章からだと、同一採取場所から採取、製造した砂利は代表の粒度を試験していれば良いとも取れます。認証機関へ問い合わせしているのですが返事も来ないし・・・。
記事削除用パスワード
[←前のページに戻る]

コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999-2017 Concrete Products Network All rights reserved.